個人事業主のための便利なカーリース

個人事業主のための便利なカーリース

TVCMで盛んに宣伝している頭金なしで新車に乗れるカーリース。
個人事業主に人気が高いカーリースのメリット、デメリット、カーリース審査に通るコツなどカーリース初心者でも分かりやすくご紹介しております。

 

【コスモ石油公式】スマートビークル

 

カーリースってなに?

カーリースとはレンタカーのように車を借りて利用する方法です。

法人でも個人でも利用することができます。

 

多くの会社がカーリースを行っているので、さまざまな会社から選ぶことができます。
カーリースの大きなメリットは1日あたりのコストはかかるもののメンテナンス費用や税金などは一切支払わなくても良い点です。

 

これらの費用はカーリースをしているお店が払ってくれるので余分なお金を支払う必要がありません。
毎日車を利用しないようなところで一時的に車が必要になるような場合には非常に有効な手段です。

 

レンタカーの場合には日数単位でお金が必要になりますが、カーリースの場合は何か月単位で借ります。
そのため、レンタカーよりもお得な金額で借りることができるのもメリットです。

 

一般的に借りる期間が長くなれば、長くなるほどお得になるシステムを採用しています。
乗用車だけでなく大型車や特殊な牽引車を貸し出しているようなところもあります。

 

個人事業主のメリットとは

カーリースは個人事業主にとって大きなメリットがあります。

それは経費の処理を行う時に、毎月平均した支払を行う事で、急に車の購入費用が出費として出て行かないことです。

 

私も個人事業主なので経営で困るのは予期しない突発的な出費です。

 

お金に余裕がある時ならそれほど困りませんが、毎月カツカツで経営しています。

 

こんな時に車が壊れ修理などが発生したら資金繰りに困ります。
予期しない突発的な出費を減らして経営を安定させる為に個人事業主のカーリース利用が増えています。

 

カーリースはメンテナンス費用も毎月の支払の中に組み入れているので、後はガソリン代を気にすればいいだけです。

 

こうして毎月の支払いが平均した状況であれば、経費の計上に関しても特にやり繰りしやすい事から、個人事業主にとっては大変メリットがあると言えます。

 

メンテナンスや税金など無駄な気を遣わなくていいのも、カーリースを選ぶ理由です。

 

個人事業主にとって、突発的な出費はかなりの痛手となる事も多く、カーリースの利用で月々の支払いを平均に出来るところに大きなメリットがあります。

 

カーリース会社の中には、ガソリン代が安くなる特典もあるので上手く利用することをお薦めします。

 

個人事業主のデメリットとは

一つ目のデメリットとしてカーリース契約時に残価として年間走行距離や返却時の走行距離を契約で決めておきます。

年間走行距離が超えてしまった場合は追加料金が発生し、想定した走行距離に達しなかった場合のリース料は戻ってきませんので割高になります。
個人事業主の年間の走行距離が安定していれば、リスクは低くすみますが、走行距離が変動する場合はリスクが高くなります。

 

二つ目として、カーリースは一定の契約期間がありますので、この間に車種を変えたいとなった場合は、期間内の解約にあたるため、解約金が発生する場合があります。

 

三つ目として、カーリースの契約期間が満了し車を返却する時には、リース開始時の状態に戻す必要があります。
例えば、カーオーディオや仕事では必須になるカーナビなどを付けた場合、取り外す必要があります。

 

また、ドレスアップでタイヤのアルミホイールを変えた時もリース時の純正アルミホイールに付け替える事になります。
余談ですが、純正ホイールを保管しておく場所も必要になりますね。

 

これらの事から、年間の走行距離が安定していて、使用用途が決まっている場合の個人事業主には、カーリースのメリットは高いと思われますが、この条件を満たしていない個人事業主には逆にデメリットとなります。

 

個人事業主に便利なポイント

頭金が不要。
支払いが毎月定額で自動車購入時の頭金などが要りません。
経費処理が簡単。
リース代は「必要経費」扱いになるので、面倒な経理事務処理が大幅に軽減できます。
急な出費が不要。
タイヤ交換など急な出費が要りません。
ガソリン代が安い。
ガソリン代最大10円/L引きです。

 

詳細はこちら▼


 

 


トップページ カーリース基礎知識 スマートビークルの特徴 いまのりくんの特徴 サイトマップ