カーリース車両の事故時の対応について

カーリース車両の事故時の対応について

近年、レンタカーの延長上であるカーリースを使う人が増えています。

自家用車同様に大切に乗っていても、事故を絶対に避けることはできません。
事故が起こった時は、警察救急に加え、必ずリース会社に連絡しましょう。
車検証保管ファイルに専門部署の連絡先が載っています。
リース会社には保険や車両管理を専門に行う部署があり、事故後の対応についてアドバイスをもらうことができます。

 

リース会社は日本全国の修理工場と提携していることが多く、自走できる場合やレッカーが必要な場合など、どのような対応をとればよいかは指示に従いましょう。
また、事故の未報告はリース満了時の残価査定で大幅マイナスとなりえます。
大体の車両の手配も行ってくれる場合もあります。
また、次の車両を契約する際に、車両のの売却分を差し引いて契約を更新できる制度もあります。
事故を完全に防ぐことは難しいですが、その後のリース会社との対応によって自分のカーライフは大きく変わります。

 


トップページ カーリース基礎知識 スマートビークルの特徴 いまのりくんの特徴 サイトマップ