リース車が盗難にあった場合、どうなりますか?

リース車が盗難にあった場合、どうなりますか?

カーリースは、契約期間を定めた車の賃貸借契約です。

 

原則的に、ほとんどのカーリース会社では中途解約は認めていませんが、事故によって車が全損してしまった場合、盗難によって車が滅失してしまった場合など、何らかのやむを得ない事態が発生した場合に限り、中途解約が認められることになります。

 

なお、中途解約の際、契約者はカーリース会社に未払いのリース料などを含めた違約金を支払わなければなりません。

 

契約者には、契約満了時にリース車を返却するという義務があるためです。

 

しかし、契約者に過失のない事故や盗難の場合、契約者の責任が追及されない、あるいは軽減されることもあるので、まずはカーリース会社に相談してみるといいでしょう。

 


トップページ カーリース基礎知識 スマートビークルの特徴 いまのりくんの特徴 サイトマップ