カーリース契約者が死亡した場合、どうなりますか?

カーリース契約者が死亡した場合、どうなりますか?

カーリースは、原則としては中途解約できませんが、契約者が死亡した場合などは、例外として中途解約が認められます。

 

中途解約では通常、契約者に違約金を支払う義務が発生します。

 

それは契約者が死亡した場合でも同様です。

 

しかし、契約者が死亡しているとなると本人に支払い能力がないため、契約者の連帯保証人、または契約者の相続人が違約金の支払いを引き継いで行うことになります。

 

なお、後者の場合、相続放棄が認められる場合もあります。

 

生活の負担になるようであれば、法律事務所や消費生活センターに相談してみるといいでしょう。

 

なお、違約金の内訳はカーリース会社の契約によって細かく異なるので、事前に確認しておくことも重要となります。

 


トップページ カーリース基礎知識 スマートビークルの特徴 いまのりくんの特徴 サイトマップ