カーリースのデメリットは?

カーリースのデメリットは?

カーリースは金銭的なメリットが大きいですが、半面デメリットもあります。

 

まず、カーリースはあくまで賃貸借契約なので、契約満了時にはリース車を返却しなければなりません。

 

また、カーリースでは契約によって走行距離が定められているため、それ以上の距離を走ると差額を支払う必要があります。

 

その他、カーリースで付保されるのは基本的に自賠責保険のみとなるため、事故を起こしてしまった場合、支払わなければならない損害金が高額になりやすいのです。

 

なお、車が損壊して契約が中途解約となった場合、解約金として未払いのリース料の残高などを一括で支払わなければならなくなり、契約者にとっては負担となります。

 

カーリースは通常使用であればメリットが大きいのですが、契約を交わす上では、こうしたデメリットも把握しておくことが重要です。

 


トップページ カーリース基礎知識 スマートビークルの特徴 いまのりくんの特徴 サイトマップ